木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

すごいお仕事・JICA

5/1(水)に放送された
【未来世紀ジパング】を見ました。
©テレビ東京

 

ざっくりした番組の内容

・【日本の町おこしの技】で途上国を支援
・道の駅のカリスマがベトナムで支援。
・JICAがキルギスで町おこしの支援。

JICAのキルギス支援の話が興味深かったので
番組の一部を紹介しながら、感想&調べたことを書きます。

f:id:Boke-Boke:20190405211840p:plain

JICAってなに?

独立行政国際協力機構。
Japan International Cooperation Agency。

日本のODA(政府開発援助)を一元的に行う実施機関。
開発途上国への国際協力を行っている。
©JICAのHP

様々な事業・プロジェクト

JICAのHPを見ますと、様々な事業・プロジェクトを手掛けているんですね。
・技術協力
・有償資金協力
・無償資金協力

この他、海外協力隊の派遣や国際緊急援助など、
いろんな形で援助を実施しているそうです。

f:id:Boke-Boke:20190405211840p:plain

キルギスって?

キルギス共和国。
中央アジアに位置します。
旧ソ連から独立しました。
首都はビシュケク。

f:id:Boke-Boke:20190506004730p:plain

©外務省HP

背景に雪山が連なり綺麗な湖がある美しい国です。

【中央アジアのスイス】と呼ばれているそうです。
バカンスに訪れる人も多いんだとか。

しかし農村の平均月収は1~2万円と
中央アジア最貧国に数えられています。

キルギスへの支援

JICAのHPによりますと、キルギスへの支援は
道路を作ったり、橋を架けたりするだけでなく
維持管理能力向上のためのプロジェクトだったり
IT人材の育成などもあるんですね。

町おこしシステムの輸出

そんな、さまざまな支援の中で
今回の番組内で紹介されていたのは
【町おこし】の支援です。

 大分県の【一村一品運動】を参考に進められているプロジェクトです。

一村一品運動とは?

一村一品運動は、1980年から大分県の全市町村で始められた地域振興運動。
1979年に当時の大分県知事である平松守彦により提唱され、
各市町村がそれぞれ1つの特産品を育てることにより、地域の活性化を図った。
©Wikipedia 

f:id:Boke-Boke:20190506152118p:plain

この運動で大分県では、
かぼす、豊後牛、 麦焼酎、関あじ、関さば、など
全国に通じるブランド品を生み出したそうです。

その地域で、
【昔からある何でも無い物】と思われている物が
他から見たら、魅力的な物だったりするんですね。

羊毛フェルトのぬいぐるみ

キルギスの農村の廃校で、女性たちが集まって
羊毛フェルトのぬいぐるみを作っている所を紹介していました。

元々、羊がたくさん飼育されている村で
フェルト製品は昔から作られてきたそうです。

紹介されていた商品は、無印良品で販売しています。
可愛いけど、ここに写真を貼ったらダメな気がするので
無印のHPか、番組HPをご覧ください。

f:id:Boke-Boke:20190506152001p:plain

 

村人の生活も潤いつつあるようでした。

品質管理の必要性

JICAの人曰く、
品質管理の指導などが大変だったそう。
天然の羊毛なので、ゴミの除去だとか
製作に使った針が折れてしまった時の対応だとか
針が混入していないかの検査だとか。

f:id:Boke-Boke:20190506152818p:plain

今後、指導する人がいなくなって、
キルギスの人だけで運営するようになった時に
きちんと実行出来るようにしなきゃならない。と

物作りの技術を教えるのも大変だけど
品質管理の必要性を覚えてもらうのは
確かに大変そうですね。

羊と会話していた

番組を見ていて、可愛かったポイントは
村人の家を訪ねた時に、JICAの職員さんが
羊と会話していたところ。(*^v^*)

f:id:Boke-Boke:20190506152952p:plain

羊に向かって「めえ」って鳴き真似をしたら
10匹位同時に「メエェェェェ」って羊から返事が。
何回か繰り返してから、家に入ってました。

村の人たちに馴染むだけでなく
羊たちの心まで掌握しているとは(笑)

次の一品も検討中

羊毛フェルトに続く、次の一品も検討中なんだそうです。

村に自生している【シーバクソン】という果実。
栄養素が豊富だけど、そのままじゃ食べづらいので
加工品を作っていました。
村の為になることを、いつも考えているんですね。

f:id:Boke-Boke:20190405211840p:plain

感想・すごいお仕事です

日本から遠く離れた
言葉も習慣も概念も違う国へ行って
その地域の人達の為に、知恵を絞り働く。

とても崇高で、大変なお仕事だと思いました。

国際的な評語で
【地球規模で考えて、足元から行動せよ】
というものが、あるそうです。

思いを巡らせる事はあっても
なかなか行動に移せない私には
耳の痛い言葉です。

こんな年になっても
世の中には知らないことが沢山あるので
日々、勉強ですね。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村