木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

相模六社めぐり・一之宮【寒川神社】

先日、神奈川県高座郡寒川町にある
寒川神社へ行って参りました。

以前、義父母が参拝していたので
わたしも行ってみたいと思って♪

参考にした資料
寒川神社でもらったパンフレット
六社神社HP
Wikipedia

寒川神社

関東地方における著名な神社の一つであり、
年間約200万人に及ぶ参拝者が訪れる。
初詣の参拝者数は神奈川県内の神社では
鎌倉市の鶴岡八幡宮に次いで2番目に多い。
また近年、日本で最も昇殿祈祷者が多い神社としても知られる。
©Wikipedia

神社の概要

御祭神

寒川比古命(さむかわひこのみこと)
寒川比女命(さむかわひめのみこと)

御神徳

古くより関八州の守り神として
また江戸の正裏鬼門をお護りするお社として
敬迎されています。
とりわけ全国唯一の八方除・方位除の守護神として
地相・家相・方位・日柄・交通・厄年などに
由来するすべての禍事・災難を取り除き
家業繁栄・福徳開運をもたらす
御霊験あらたかな神様として信仰されています。
©寒川神社パンフレット

八方除

八方とは、東西南北と
東南、西南、西北、東北のことだそうです。

古来から八方を基本にして
陰陽五行、十干十二支、九星八宮を配して
住居・方角・運勢などの吉凶が判断されてきました。

寒川神社で毎日奉仕されている
八方除特別祈祷は
地相・家相・方位・日柄・厄年などによる
一切の悪事災難を取り除く。

ということなんだそうです。

f:id:Boke-Boke:20190626203910p:plain

アクセス

JR相模線・宮山駅から徒歩5分

車の場合は
圏央道・寒川北ICから約5分

無料の駐車場が多数ありますが
混雑している時は、
近隣の有料駐車場へ。

いざ寒川神社のお参り

f:id:Boke-Boke:20191023000528p:plain

入り口から参道を進んでいきます。

f:id:Boke-Boke:20191022203312p:plain

狛犬が大きい

神社の入り口に鎮座している狛犬が
大きくてビックリしました。

f:id:Boke-Boke:20191022203633p:plain

境内の手前にある神門。

f:id:Boke-Boke:20191022204055p:plain

この日は
即位の礼の前日だったからなのか
祝賀ムード満載ですね。

こちらは本殿。
どどーんと立派です。

f:id:Boke-Boke:20191022204507p:plain

渾天儀(こんてんぎ)

本殿の右の方に、なにやら竜の置物がありました。

f:id:Boke-Boke:20191022210931p:plain

渾天儀(こんてんぎ)というそうです。
古くから中国や日本で
天体の位置や運行を観測するのに
使用していた機器なんですって。

背景の植物と、緑色が同化しちゃって
わかりにくい写真になってしまい
申し訳ないです。(>_<)

御朱印

御朱印は、境内から出て左手の
社務所で頂きました。

f:id:Boke-Boke:20191022234524p:plain

下の方にあるのは
波の模様かしら?
なんだか素敵です♪

七五三の家族連れが多かった

平日だったので、人が少ないと思っていたのですが
駐車場は結構いっぱいでした。

どうやら七五三の家族連れが
多かったようです。

f:id:Boke-Boke:20191022205210p:plain

3歳の女の子の衣装って
すごく可愛いですね~。
よそのお嬢さんなので後ろ姿だけ♪

f:id:Boke-Boke:20191022205752p:plain

 

我が家は男の子が2人ですので
七五三に華やかさはなかったなあ。
まあ、うちの子たちも
幼いながらも凛々しかったですけどね。
(親バカで失礼しました)

お土産

社務所から、旧神門をくぐって進むと
売店がありました。

義父母へのお土産に、
人気No1の【ひとくち羊羹】を購入。

*義父母に渡しちゃったから写真なしです。

自分たち用には
売店の外のお店で
【八福餅】を購入。

f:id:Boke-Boke:20191022214241p:plain

ぶっちゃけて言えば
【赤福】に似て非なる商品です。

美味しかったですよ(^v^)

f:id:Boke-Boke:20191016214848p:plain

相模六社めぐり

寒川神社が【相模国一之宮】を名乗るなら
二ノ宮、三ノ宮もあるのかな?

と思って調べたら、ありました。

相模六社

一之宮 寒川神社
二之宮 川勾神社
三之宮 比々多神社
四之宮 前鳥神社
平塚八幡宮(1国1社の八幡宮・五之宮格)
総社  六所神社

相模六社とは?

奈良・平安の時代、
都から各国々に派遣された国司(現在の県知事)は、
担当の国に到着するとその国の主な神様にお参りをして
平和と安全を祈願しました。
そして、一番始めにお参りする一番神格の高い、大きな神社を一の宮、
二番目にお参りする神社を二の宮と順序を作りました。
国府(現在の県庁)近くの総社には日々のお参りをいたしました。
©六社神社HP

f:id:Boke-Boke:20191022215453p:plain

©六社神社HP

せっかく一之宮に参ったのだから
六社めぐりをしたいと思いました。

相模国の範囲なので
日帰りで行けるところばかりです。
今年中に全部参拝できたらいいな~と
思っています。

f:id:Boke-Boke:20190331221250p:plain

おわりに

今年は夏に
伊勢神宮を参拝しました。

次は自分の住んでいる地域の
神様に挨拶をして回ろう。

そんな目標が出来ました。
2019年の年末までに達成したいです。

出掛けた先で
美味しいものも食べたいな~
と思うわたしは
やっぱり太る性格なんでしょうね。

次回は、寒川神社参拝の後に
食べたランチを食べたお店のお話です。

よろしければ読みに来てくださいね。 
ではまた (^▽^)/

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村