木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

採血の失敗されたくない・採血直前に出来る事と恒久対策

 

新年度になったので
健康診断を受ける方も多いと思います。

血管が細い・採血しづらい患者

歳を重ねたら、若い頃よりも
採血される機会が多くなりました。

どうやら、私は
採血しづらい患者の様です。
血管がなかなか見つからないの。

血管が細くて、深いところにあるんですって。

失敗してやり直しになることも
しばしばあります。

 

f:id:Boke-Boke:20190214163027p:plain

採血しやすい腕になりたい

検索すると
私と同じように、採血しづらい血管で
悩んでいる人は多いようです。

独自に対策されている方も多いです。
以下の様な対策をしている方がいました。

採血の直前に出来る対策

f:id:Boke-Boke:20190326182253p:plain

・血管周辺を温める(低温やけどに注意)
・腕を心臓よりも下げておく
・親指を内側にして、手を握る
・手をグーパーするのを繰り返す
・水分をとる(温かいものがいい)
・深呼吸してリラックスする
・以前うまく採血出来た位置を、担当者に伝える

すぐ実行できそうなことばかりです。
次回から早速試してみます。

f:id:Boke-Boke:20190326182253p:plain

採血しやすい腕になる恒久対策は?

ところで採血しやすい腕になるための、
恒久的な対策はあるのでしょうか?

採血しやすい血管の決め手は太さと弾力性

医療従事者の視点では
採血しやすい血管の決め手は

・血管の弾力性
・血管の太さ

なんだそうです。

血管の太さは生まれつき

血管の太さ、深さ、走行は
生まれつきの個人差に
よるものが大きいそうです。

筋肉が足りない場合も

筋肉量が少ない事や
運動不足が原因で
血管が細くなってる場合がある、
という記述も見かけました。

 動脈硬化を予防する

 血管の弾力性については、
動脈硬化が関係してそうです。
血管が固くもろくなるそうです。

食事に気を付けながら
血管若返りストレッチを
したらいいでしょうか?

 

www.boke-pon.com

 

血液量と血流も大事

また血液量が増えたり血流が良くなると
血管が見つけやすくなる、という
記述もありました。

f:id:Boke-Boke:20190326182253p:plain

採血しやすい腕になる恒久対策

上記の事をふまえて考えると
こんな対策をすればいいのかな?
と思い至りました。

・血流を良くする
・血液量を増やす
・運動する(筋肉をつける)
・動脈硬化を防ぐ

運動をすれば血流もよくなるし、
運動で筋肉が増えれば
血液量も増えるようです。

f:id:Boke-Boke:20190326182253p:plain

ムキムキじゃなくても大丈夫

採血しやすい血管になるための筋肉は、
ムキムキになるまでは
必要はないそうですよ。

買い物の時にカートを使わず、
手でかごを持つ。

その程度の事でも続ければ、
腕が変わってくるそうです。

健康な血管を目指します

今回は採血しやすくするための
対策を調べていましたが

血管が細いと、
物理的に詰まりやすいんだ、
と気づきました。

脳梗塞や心筋梗塞なども怖いので
健康な血管を目指していきたいです。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村