木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。家計や身体のミニマム化を目指したい

老後の医療費や介護費用も心配

定年後の暮らしを心配してます。

定年後の生活に掛かる
医療費と介護費用について
調べてみました。

AllAboutのHPより
小川千尋先生の記事を参考にしながら
厚生労働省や内閣府から
グラフなどをお借りしました。

生涯医療費は2600万円!70歳以上に集中! [定年・退職のお金] All About

1人550万円も?介護費用はバカにできない! [定年・退職のお金] All About

f:id:Boke-Boke:20190325175808p:plain

 

 

生涯医療費は2600万円

医療費…歳を重ねたら
やっぱり今とは比べ物にならない位に
多額なんでしょうね。

厚生労働省の調べを基にして、
生命保険文化センターが推計した資料によると
生涯にかかる医療費の平均は
2600万円なんだそうです。
(平成26年度のデータ)

この額は、医療費の全額の数値ですので
私たちが実際に窓口で支払う金額は
この3割だったり
高齢者ですと、2割や1割ですね。

この数字も、平均ですからね。
病院、ほとんど行かないで亡くなる人もいれば
長期で入院している人もいますね。

でも自分がどっちになるかなんて
誰にもわかりませんからね。

70歳から増えてくる医療費

そして、年代別に見ると
若い頃は、そんなに医療費はかかりませんが
70歳からどどーんと増えてきます。

f:id:Boke-Boke:20190327150853p:plain

©厚生労働省

産まれてから70歳までに掛かる医療費と
70歳以降に掛かる医療費がだいたい同じ位みたいです。

今、老齢者の医療費の自己負担は
1割、または2割ですが
国の財政も厳しい昨今、
いつか自己負担の割合が増えるのかも
と思うと、70歳以降の家計は結構厳しい感じがします。

病気をしないように健康維持に努める。
と言っても限界があります。
思いがけない怪我をする時もあります。
医療保険へ加入しておくのは大事かもしれませんね。

あ、でも【高額療養費制度】がありますから
私としては、医療保険も程々でいいと
思っています。

介護費用も心配

80歳を超えたら3割の方が要介護状態

歳をとっても元気で過ごせればいいのですけど
介護が必要な状態になってしまう可能性も大きいです。
80歳を超えたら約3割の方が
要介護認定率されているそうです。

f:id:Boke-Boke:20190327153256p:plain

©内閣府男女共同参画局

65歳以上で要介護認定を受けると
1割の自己負担で介護サービスが受けられます。
(所得が多い方は2割負担)
(公的介護保険の適用されたサービスのみ)

自己負担額はどれ位かかる?

介護が必要になった時に
家をバリアフリーにリフォームしたり
介護用品を購入したりする時も
介護保険からお金が出るそうです。

調査によると、この時の負担額の平均は80万円。

毎月掛かる介護サービスの自己負担額
の平均は7.9万円だそうです。
そして介護に掛かる平均期間は59か月。

介護費用はひとり550万円

これを合わせると、約550万円。
ひとり当たりの金額ですから、
夫婦では1100万円ですね。

施設に入った場合は、
もっと掛かるんでしょうね。

 

医療費に関して補足

生涯医療費のグラフですが
85歳から段々費用が下がってるのは
人数が減ってくるからです。

ひとり当たりの年間の医療費の
年齢別のグラフはこちら

f:id:Boke-Boke:20190327151700p:plain

©厚生労働省

このグラフでは100歳を超えると
117万円とあります。
(自己負担はこの1割)

ただ、100歳まで長生きする方って
それ程多くはありませんよね。
なので、皆が皆
100歳超えの医療費は掛からない。

そういった事情も加味したのが
生涯医療費の数字になるようです。

100歳まで長生きする方は
それまでの人生でも
大きな病気とか
しなさそうなイメージです。 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村