木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

定年後 貯金の目安と 打開策

老後の生活が心配シリーズです。

定年後の生活を心配して
いろいろ調べています。

f:id:Boke-Boke:20190325175808p:plain

 

 結局いくら用意すればいいのかな?

毎月の赤字

65歳以上の平均的な家計は
月々5.4万円の赤字のようです。

夫婦で20年暮らしたとすると
赤字分は1296万円にのぼります。

 

www.boke-pon.com

 

医療費

70歳以降に掛かる医療費は
自己負担が1割ならば
ひとり130万円が目安です。
夫婦で260万円位を用意したいです。

*今後、医療費の自己負担率が
あがる可能性もなきにしもあらず。

 

www.boke-pon.com

 

介護費用

更に介護費用の自己負担分。
ひとり当たり550万円が目安でしたので
夫婦2人で約1100万円を用意したいです。
*施設に入居する場合は別途必要。

f:id:Boke-Boke:20190415220337p:plain

老後の為の貯金額の目安

毎月の赤字+医療費+介護費用
ここまでを合計すると2656万円。

その他にも
持ち家の場合、家の修繕費が要りますし
賃貸なら更新料が掛かります。
家電の買い替えも、何回かあるでしょう。

f:id:Boke-Boke:20190619003917p:plain

以前からよく言われている
老後の為に3千万円貯めておけ。

っていうのは、
妥当のような気がします。

f:id:Boke-Boke:20190608161639p:plain

打開策・収入に合わせた生活を

お金を貯めて、将来に備える事も大事ですが
3千万なんて無理~。厳しい~。
って気もします。

打開策としては
収入を増やすか、支出を抑えるか。です。

毎月5万円の赤字を出しながら
対策もせずに暮らすのはおかしいです。

収入を増やすには?

収入を増やすには
・定年後も働き続けること
・年金の受取額を増やすこと

f:id:Boke-Boke:20190619005525p:plain

★月々受け取る年金の額を
増やす方法があるそうです。

年金の繰り下げ受給

年金の受け取り開始年齢を遅くすると
月々の年金額が増えるそうです。
(繰り下げ受給)
*AllAboutと日本年金機構のHPを参考にしてます。

f:id:Boke-Boke:20190327194549p:plain

©AllAbout

繰り下げ受給で損になる場合も

加給年金を貰える要件を満たした人や
振替加算をもらう要件を満たした人は

繰り下げ受給することで
かえって損をしてしまう事が
あるそうなので要注意です。

f:id:Boke-Boke:20190619004433p:plain

【加給年金とは?】

老齢厚生年金の制度で
家族手当のようなイメージ

【加給年金を受け取れる要件】

1・厚生年金の被保険者期間が20年以上

2・老齢厚生年金の受給権を取得した当時、
 生計を維持している65歳未満の配偶者がいる。
 または18歳に達した後最初の3月31日までの子どもがいる。

3・その配偶者または子どもが
 老齢厚生年金を受ける方に「生計を維持されている」

*【生計を維持】とは【扶養】みたいですね。
 会社員時代の【扶養】よりは範囲が広いようです。

他にも細かい事があるようなので
条件に当てはまりそうな方は
ぜひ、調べてみてください。

f:id:Boke-Boke:20190619005159p:plain

【振替加算とは?】

加給年金を受け取る要件になっていた
年下の配偶者が65歳になると、
加給年金が打ち切られます。

この時に一定の条件を満たすと
配偶者自身の老齢基礎年金の額に
加算がされます。これを振替加算といいます。

*昭和41年4月2日以降に生まれた方には
 振替加算はないそうです。

*一定の条件が、複雑で書き切れません。
 興味のある方はぜひ、日本年金機構のHPへ

f:id:Boke-Boke:20190619004237p:plain

【65歳以降も高給で働く場合】

働き続けている人で
たくさん給与を受け取ってる人は
繰り下げ受給での増額はないそうです。

繰り下げ受給を検討する時の注意事項

1・20年以上会社員だった人で家族のいる人は、
 老齢厚生年金を繰り下げてしまうと
 加給年金がもらえない期間が発生するので、
 老齢基礎年金だけを繰り下げる。

2・配偶者が20年以上会社員だった人は、
 老齢基礎年金を繰り下げると、
 その間振替加算がもらえないので、
 老齢厚生年金だけを繰り下げる。

3・65歳を過ぎても働く場合は、
 可能ならば、厚生年金に入らない働き方をする。

4・65歳を過ぎても厚生年金に入るなら、
 年金月額と給与が47万円を超えないように調整する。

f:id:Boke-Boke:20190326182253p:plain

支出を抑えるには?

支出を抑えた生活をすれば
毎月の赤字分が縮小します。
そうすれば
3千万も必要ないですよね。

定年後に増える支出に注意

定年後に増える支出として
医療費などの他に
娯楽費や交際費があります。

自由な時間が増えた事で
豪華な旅行へ出掛ける人や、
友人とゴルフ三昧なんて人もいるようです。

f:id:Boke-Boke:20190619010328p:plain

体が元気なうちに
楽しむのも大切ですけど
出来れば長期の予算を組んで、
その範囲で楽しみたいです。

今から小さな暮らしを

毎月の暮らしを、
収入に合わせてダウンサイジング。
小さな暮らしにします。

食費を見直したり
洋服代を節約したり
項目は人によって様々です。

f:id:Boke-Boke:20190619010516p:plain

小さな暮らしへの移行は
定年した後に
急に実行しようと思っても
結構、難しいらしいのです。

なので、50歳を過ぎたら
少しずつ生活費のダウンサイジングを
した方がいいようです。

今から少しずつ
身につけたいです。

今から健康に留意した暮らしを

また、なるべく
医療費や介護費用が掛からないように
今から健康に留意した生活を
送っていきたいと考えています。

病気や怪我って、個人の努力では
どうにもならない事も多いですけど

自分の体を大事にして
悪いことはないと思います。

f:id:Boke-Boke:20190608161639p:plain

おわりに

ここまで参考にしてきたデータは
あくまでも【平均】ですので

月々の赤字も医療費も
自分には当てはまらない事が
多々あると思われます。

贅沢に暮らしたいなら、
お金をたくさん貯める。

そうでなければ
身の丈にあった生活をする。

老後に必要な貯金額は
結局は、人それぞれです。

どんな暮らしをしたいのか
自分自身、考えてみたり
夫婦で話し合う事が大事です。 

 

一番の節約は
健康に過ごすことだと思いますが
こればっかりは
思い通りにはなりません。

病気や怪我も怖いけど
私自身は
長生きするのが一番怖いかも。
(´・ω・`)

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村