木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。家計や身体のミニマム化を目指したい

老後の為にいくら貯金?打開策は?

定年後の生活を心配して
いろいろ調べています。

f:id:Boke-Boke:20190325175808p:plain

 結局いくら用意すればいいのかな?

65歳以上の平均的な家計は
月々5.4万円の赤字でした。
夫婦で20年暮らしたとすると
赤字分1296万円。

 

www.boke-pon.com

 

医療費は生涯医療費2600万円
のうち約半分が70歳以降だったので
老後に必要な医療費を1300万円とします。
自己負担が1割なら130万円。
夫婦で260万円。

 

www.boke-pon.com

 

もしかして今後
自己負担分が増える可能性は
捨てきれませんが。

更に介護費用2人分。
1100万円。

合計すると2656万円。

家の修繕費や家電の買い替え費を
考えたら

老後の為に3千万円貯めておけ。

っていうのは、妥当みたいですね。

打開策・収入に合わせた生活を

お金を貯めて、将来に備える事も大事ですが
3千万なんて無理~。
厳しい~。
って気もします。

打開策としては
収入を増やすか、
支出を抑えるか。

収入を増やすには?

収入を増やすには
定年後も働き続けることですかね?

年金の繰り下げ受給

年金の受け取り開始を遅くすると
月々の年金額が増えるそうです。
(繰り下げ受給)
*AllAboutと日本年金機構のHPを参考にしてます。

f:id:Boke-Boke:20190327194549p:plain

©AllAbout

繰り下げ受給で損になる場合も

しかし、加給年金を貰える要件を満たした人や
振替加算をもらう要件を満たした人は
繰り下げ受給することで
かえって損してしまう事もあるそうです。

加給年金とは?

老齢厚生年金の制度
家族手当のようなイメージ

加給年金を受け取れる要件

1・厚生年金の被保険者期間が20年以上

2・老齢厚生年金の受給権を取得した当時、
 生計を維持している65歳未満の配偶者がいる。
 または18歳に達した後最初の3月31日までの子どもがいる。

3・その配偶者または子どもが
 老齢厚生年金を受ける方に「生計を維持されている」

*【生計を維持】とは【扶養】みたいですね。
 会社員時代の【扶養】よりは範囲が広いようです。

他にも細かい事があるようなので
条件に当てはまりそうな方は
ぜひ、調べてみてください。

振替加算とは?

加給年金を受け取る要件になっていた
年下の配偶者が65歳になると、
加給年金が打ち切られます。

この時に一定の条件を満たすと
配偶者自身の老齢基礎年金の額に
加算がされます。これを振替加算といいます。

*昭和41年4月2日以降に生まれた方には
 振替加算はないそうです。

*一定の条件が、複雑です。
 私の頭では理解不能です。
 興味のある方はぜひ、日本年金機構のHPへ

65歳以降も高給で働く人は

働き続けている人で
たくさん給与を受け取ってる人は
繰り下げ受給での増額はないんだとか。

繰り下げ受給を検討する時の注意事項

1・20年以上会社員だった人で家族のいる人は、
 老齢厚生年金を繰り下げてしまうと
 加給年金がもらえない期間が発生するので、
 老齢基礎年金だけを繰り下げる。

2・配偶者が20年以上会社員だった人は、
 老齢基礎年金を繰り下げると、
 その間振替加算がもらえないので、
 老齢厚生年金だけを繰り下げる。

3・65歳を過ぎても働く場合は、
 可能ならば、厚生年金に入らない働き方をする。

4・65歳を過ぎても厚生年金に入るなら、
 年金月額と給与が47万円を超えないように調整する。

f:id:Boke-Boke:20190326182253p:plain

支出を抑えるには?

支出を抑えた生活をすれば
毎月の赤字分が縮小します。
そうすれば
3千万も必要ないですよね。

今から小さな暮らしを

毎月の暮らしを、収入に合わせて
小さな暮らしにする。

でも、これは
定年後に急に実行しようと思っても
結構、難しいらしいのですよ。

なので、50歳を過ぎたら
少しずつ生活費のダウンサイジングを
図りましょう。
とAllAboutに書いてありました。

今から少しずつ
身につけたいです。

今から健康に留意した暮らしを

また、なるべく
医療費や介護費用が掛からないように
今から健康に留意した生活を
送っていきたいと
考えています。

病気や怪我って
時の運、みたいなところも
ありますけれど

自分の体を大事にして
悪いことはないと思います。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村