木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。家計や身体のミニマム化を目指したい

近眼だと老眼になりにくいの?

最近、目が急速に衰えた気がします。
間違いなく、老眼だと思います。

f:id:Boke-Boke:20190516184406p:plain

参考にした本・サイト

最新医学大事典うちのお医者さん
参天製薬HP

  

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

私の今の目の状態

まずは現状把握です。

小さな字が読めない

風邪薬を飲もうと思った時に
「1回何錠かな?」と容器を見ても
字が小さくて読めません。

家電の取り扱い説明書を見ようとしても
これも字が小さくて読めません。

f:id:Boke-Boke:20190516193912p:plain

数年前まで、同じ品の同じ文字を見て
普通に読めていたはずです。

今まで字の大きさなんて
気にした事もありませんでした。

色の薄い文字も読みにくい

パステルカラーとか、アースカラーって言うのかな?
色の薄い文字を判別するのが難しくなりました。

昨年は大丈夫だったと思うのですが。
これも老眼の症状なのでしょうか?

元々、近眼です

元々、結構な近眼です。
裸眼では 0.03 位だったと思います。

視力検査の時の、一番上の大きな文字は
眼鏡がないと、存在も認識できません。
薄ぼんやりと灰色?みたいな。

f:id:Boke-Boke:20190516192544p:plain

子どもの頃は視力 1.2 だったのですが
段々視力が落ちて、ここまで来てしまいました。

眼鏡なしでは生活できないのに
近い所まで見えづらくなるとは…

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

老眼ってどんな状態?

老眼は調節機能の異常

正式には【老視】というそうです。

老化により水晶体がかたくなり
近くの物にピントが合わせられなくなる
状態の事を老視と呼びます。

異常といっても、誰にでも訪れます。

まずは目の構造

私たちの目には、
遠くを見たり、近くを見たりする時に
ピントを調節する機能があります。

レンズの役割をする水晶体と
水晶体の周りの毛様体筋が頑張っています。

f:id:Boke-Boke:20190516154311p:plain

©boke-pon

簡易的な図ですが
水晶体は水色部分、毛様体筋はオレンジの部分です。

左側が顔の前方です。
ちょっと出っ張っている箇所は角膜です。

遠くを見る時にはレンズが薄く
近くを見る時にはレンズが厚くなるように
自然に調節してるんですね。

人体ってすごい。

老化で水晶体が弾力性を失う

歳を重ねると、老化現象が目にも訪れます(泣)

眼球の様々な場所で、老化は表れますが
老眼は、水晶体が弾力性を失ってかたくなり
ピント調節機能が衰えた状態です。

調節近点が伸びる

若くて健康な人でも
目の前3㎝に差し出された物はボヤけますね。

物をはっきり見る事が出来る最も近い距離を
【調節近点】といいます。

水晶体がかたくなって、ピント調節機能が衰えると
【調節近点】距離が徐々に伸びてしまうそうです。

f:id:Boke-Boke:20190516184546p:plain

老眼鏡はいつから?

いつから老眼鏡を使うか?というのは
生活様式がそれぞれ違うので
【自分が不便を感じたら使う】

早くから老眼鏡を使ったら、
進行が早くなるという事はないそうですよ。

老眼鏡を嫌がって、不便なのに我慢すると
眼精疲労を招いたり、読書から遠ざかったりします。

それよりは、適切な段階で老眼鏡を掛けた方が
楽しい生活が送れそうですね。

f:id:Boke-Boke:20190516184716p:plain

眼鏡かけても見づらい時は

老眼鏡を掛けても、依然として見えづらいとか
目の疲れがひどいとかいう場合は
他の目の病気の可能性もあるので
眼科にかかりましょう。

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

近眼と老眼の関係

近眼の人は老眼にならない。とか
聞いたことがあるような気がしませんか?

老眼になったのは遅い方?

私の妹は40歳頃に
「老眼やばい」と言い出しました。

実家の母が老眼鏡を購入したのは
40歳の時だったと言ってました。

そう思うと、私の老眼は遅い方なのかな?
(今48歳です)

f:id:Boke-Boke:20190506152818p:plain

針に糸を通す、などの細かい作業は以前から苦手でしたが
日常生活に不便を感じるようになったのはここ数か月です。

私はひどい近眼ですけど
母と妹は近眼ではありません。

近視や遠視はどんな状態?

近視と遠視は屈折異常

老視は、水晶体が硬くなることによる
ピント調節機能の衰えでしたが

近視と遠視は屈折異常です。

f:id:Boke-Boke:20190516163236p:plain

©boke-pon

左から、正常な状態、近視、遠視の図です。
レンズを通った映像の焦点が網膜にあれば正常に見えます。

近視は遠くが見づらい

近視は、網膜よりも前に焦点が結ばれます。

角膜や水晶体の屈折力が強い場合や
眼軸が長い場合があるそうです。

眼鏡なしの状態では
近くは見えますが、遠くが見づらいです。
凹レンズで矯正します。

遠視は目が疲れやすい

遠視は、網膜よりも後ろに焦点が結ばれます。

近視と違って、眼鏡なしでは
近くも遠くも見づらいそうです。

子どもの時は、調節機能が強いので
ピントを合わせることが可能で
視力検査では判らないこともあります。

近くを見る時は強い調節が必要なので
近くが見づらいそうです。

遠くでも近くでも、常に調節が必要なので
目が疲れやすいそうです。

凸レンズで矯正します。

近視の人は老眼の症状が出るのが遅い

近視の人は、もともと調節近点距離が短いので
老視が始まっても、通常の距離に達するまでの期間は
老眼の症状は表れない。ということだそうです。

老眼にならない訳じゃなくて
症状が現れるのが遅いだけなのね。
(´・ω・`)

影響がでるのは調節近点だけなのかな?

近眼の人が老眼になる過程で、
遠くが見えるようになる事はないし
近眼が治る訳ではないので

遠くも近くも見えづらいよ(泣)

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

感想

老眼はみんなに訪れるようです。

色の薄い文字に関しては
記述が無かったので、老眼とは関係ないのかな?

調べていると、目の老化現象は
他にもたくさんありました。

そういえば、実家の母も、姑も
何年か前に、白内障の手術をしています。

これも、自分にも訪れるかもしれませんので、
調べて、そのうち記事にするかもしれません。 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村