木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

暑くなる・熱中症に注意だわ

週末にかけて暑くなるようですね。

急に暑くなる時は
熱中症に注意した方がいいそうです。

これからの時期、怖いので
調べた事をメモっておきま~す。

参考にしたサイト

環境省熱中症予防情報サイト

熱中症からカラダを守ろう|大塚製薬

 

 f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

どうして熱中症になるのかな?

まずは平常時の体温調整反応

ひとの身体は、体温調整機能があります。

気温が高かったり、運動したりして体温が上昇すると
汗をかいて、それを蒸発させたり、
皮膚温度を上げて、熱を外に逃がすことで
体温を調節しています。

f:id:Boke-Boke:20190308193041p:plain

熱中症を引き起こす要因

下記の要因の1つ、または複数が合わさると
体温調節機能がうまく働かなくなって
熱中症を引き起こす可能性が高くなります。

要因1・環境

・気温が高い
・日差しが強い
・急に暑くなった日
・湿度が高い
・閉め切った室内
・熱波の襲来
・風が弱い
・エアコンを使っていない

f:id:Boke-Boke:20190422181049p:plain

要因2・からだ

・乳幼児・高齢者
・風邪や下痢で脱水症状を起こしている人
・肥満の人
・持病のある人
・体調不良の人
・低栄養状態の人

f:id:Boke-Boke:20190510202813p:plain

要因3・行動

・激しい運動、慣れない運動
・長時間の屋外作業
・水分補給できない状況


f:id:Boke-Boke:20190523164529p:plain

 熱中症に特に注意が必要な人

乳幼児

・体温調節が苦手

汗腺の発達が未熟なために、うまく体温調節ができません。
体温よりも気温が高くなる場所では
短時間で体温が上昇し、危険です。

・地面に近い

晴れた日は、地面に近い方が気温が高いです。
ベビーカーに乗った赤ちゃんや、背の小さな子供は
大人よりもずっと高い温度の中にいます。

高齢者

・暑さや、喉の渇きを感じにくくなっています。

・体の中の水分の割合が少ないです。

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

暑さ指数(WBGT)を活用しよう

 

f:id:Boke-Boke:20190523141232p:plain

©環境省熱中症予防情報サイト

暑さ指数ってなに?

1954年にアメリカで提案された指標。
【湿度・輻射熱・気温】の3つを取り入れた温度の指標。

★輻射熱(ふくしゃねつ)とは?
地面や建物、体から出る熱。
温度が高い物からはたくさん出ます。

★風(気流)も指標に影響します。

暑さ指数は環境省HPで

各地の暑さ指数は、環境省HPで検索できます。

環境省熱中症予防情報サイト 暑さ指数

特に湿度が高いと危険です

同じ気温でも、湿度が高いと暑く感じますよね。
汗が蒸発しにくくなるので熱中症の危険も高まります。

f:id:Boke-Boke:20190523141736p:plain

©環境省熱中症予防情報サイト

暑さ指数が28℃を超えると
熱中症患者が急増するそうです。

日常生活における指針

暑さ指数 25℃未満

【注意】

f:id:Boke-Boke:20190523173026p:plain

熱中症が発生する危険性は少ないけれど
激しい運動や、重労働時には注意しましょう。

暑さ指数 25℃~28℃

【警戒】

f:id:Boke-Boke:20190523173049p:plain

運動や激しい作業をする際は警戒してください。
定期的に十分に休息を取ってください。

暑さ指数 28℃~31℃

【厳重警戒】

f:id:Boke-Boke:20190523173106p:plain

外出時は炎天下を避けましょう。
室内にいる時でも室温の上昇に注意してください。

暑さ指数 31℃以上

【危険】

f:id:Boke-Boke:20190523173123p:plain

高齢者は、安静にしていても熱中症の危険があります。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動しましょう。

運動に関する指針

こちらは、暑さ指数だけではなく
気温の目安も書かれていました。

気温24℃未満 暑さ指数21℃未満

【ほぼ安全】
適宜に水分補給

f:id:Boke-Boke:20190523173148p:plain

通常ならば熱中症の危険性は小さい。
水分・塩分の補給は大事です。

この条件でも、市民マラソンなどでは、
熱中症は発生するので要注意です。

気温24℃~28℃ 暑さ指数21℃~25℃

【注意】
積極的に水分補給

f:id:Boke-Boke:20190523173026p:plain

あまり暑く感じないけれど
熱中症による死亡事故が発生する可能性があります。
熱中症の兆候に注意しましょう。
積極的に水分・塩分を補給しましょう。

気温28℃~31℃ 暑さ指数25℃~28℃

【警戒】
積極的に休憩

f:id:Boke-Boke:20190523173049p:plain

熱中症の危険が増してきます。
積極的に休憩。適宜に水分・塩分の補給。

激しい運動をする時には30分おきに休憩をとりましょう。

 気温31℃~35℃ 暑さ指数28℃~31℃

【厳重警戒】
激しい運動は中止

f:id:Boke-Boke:20190523173106p:plain

熱中症をおこす危険性が高いです。
激しい運動や持久走などは避けましょう。
休憩は10分~20分おきにとり、
水分・塩分の補給をしましょう。

暑さに弱い人は運動を軽減または中止してください。

気温35℃以上 暑さ指数31℃以上

【運動は原則中止】

f:id:Boke-Boke:20190523173123p:plain

特別の場合以外は運動を中止。
特に子どもは注意。 

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

熱中症を予防するには

・涼しい服装
・日陰を利用
・帽子、日傘を利用
・水分、塩分の補給
・こまめに休憩

f:id:Boke-Boke:20190523142258p:plain

©環境省熱中症予防サイト

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

熱中症の症状

重症度 Ⅰ度

 

f:id:Boke-Boke:20190523162537p:plain

©環境省熱中症予防情報サイト

・手足がしびれる
・めまい・立ちくらみ
・こむらがえり
・気分が悪い、ボーっとする

重症度 Ⅱ度

f:id:Boke-Boke:20190523162602p:plain

©環境省熱中症予防情報サイト

・頭がガンガン痛い
・吐き気がする、吐く
・体がだるい、倦怠感
・意識がなんとなくおかしい

重症度 Ⅲ度

f:id:Boke-Boke:20190523162637p:plain

©環境省熱中症予防情報サイト

・意識がない
・痙攣をおこす
・呼びかけの返事がおかしい
・まっすぐに歩けない、走れない
・体が熱い

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

熱中症の応急処置

★重症度Ⅲなら救急車を
 呼んだ方がいいと思います。

救急車を待ってる間も
体を冷やしてあげてください。

・涼しい場所へ避難しましょう
・冷やした水分、塩分を補給しましょう
・誰かが必ず見守っていて

★自分で水分がとれない時は病院へ行きましょう
★無理に水を飲ませるのは危険です

 

f:id:Boke-Boke:20190523162414p:plain

©環境省熱中症予防情報サイト

★体をひやしてあげましょう。

・服をゆるめる
・濡らしたタオルをあてる
・うちわなどで扇ぐ

顔や額だけでなく
わきの下、両側の首筋、脚の付け根など
を冷やすと効果的です。

★応急処置をしても症状が改善しない時は
 病院へ行きましょう。

f:id:Boke-Boke:20190523162455p:plain

©環境省熱中症予防情報サイト

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

終わりに

毎年、熱中症でたくさんの人が
救急搬送されていますから怖いですよね。

とにかく予防が大事だと感じました。

そんなに気温が高くない時でも
意外と危ないようなので

喉が渇いたと感じる前に
まめに水分補給をしようと思います。

体調不良の時は、熱中症の危険も高まるようなので
日々の体調管理も大事ですね。

皆様も気を付けて、健やかにお過ごしください。

f:id:Boke-Boke:20190518202625p:plain

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村