木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。家計や身体のミニマム化を目指したい

芸事は6歳6月6日から

6月6日は○○の日。っていうのが多いです。

楽器の日
邦楽の日
いけばなの日など

 

参考にしたサイト
日本文学ガイド
駒澤大学HPなるほど日本文化

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

芸事は6歳6月6日から

上にあげた○○の日の共通点は
【お稽古ごと】です。

なぜ6月6日に集中しているか、と言えば
古くから【稽古始め】のしきたりに因んでいるそうです。

稽古始め

伝統芸能の稽古を始めるのは
6歳の6月6日が良い。とされています。

三味線や琴などの楽器や
日本舞踊などでしょうか?

歌舞伎、能、狂言の世界でも
【初稽古】と呼んで
その日に稽古を始めるべし。
となってるそうです。

f:id:Boke-Boke:20190603142216p:plain

いつ誰が決めたの?

室町時代・世阿弥

言い出しっぺは世阿弥と言われています。
室町時代に、能を大成した方ですね。

この方が記した【風姿花伝】という本があります。
その第一項に

「習い事を始めるのは7歳がいいよ」
と書いてあるんですって。

この頃は数え年ですから
現在の6歳に当たりますね。

6月6日は語呂合わせ?

6月6日になったのは、
江戸時代の歌舞伎のセリフからの様です。

「6歳の6月6日の…」という言い回しが
頻繁に使われるようになり
広まったそうです。

f:id:Boke-Boke:20190603145050p:plain

子が立つ 説

6月6日になったのは、もう1つ説があって

手を開いた状態から
指を折って数を数えていくと
5でグーの形になり
6で小指を立てますね。

f:id:Boke-Boke:20190603142531p:plain

【小指が立つ】
  ↓
【子が立つ】
  ↓
【子が自立】
\(´・v・`)/

こんな感じで6が縁起がいいだろう。
と6月6日になったんだとか。

f:id:Boke-Boke:20190410194929p:plain

年来稽古条々 

風姿花伝の冒頭
生涯の稽古のありかたを段階ごとに説く項

原文

風姿花伝 第一 年来稽古条々 

七歳
 一、この芸において、大かた七歳をもて初めとす。この比ころの能の稽古、必ず、その物自然じねんとし出だす事に、得たる風体あるべし。

舞・働はたらきの間、音曲おんぎよく、もしくは怒れる事などにてもあれ、ふとし出ださんかゝりを、うち任せて、心のまゝにせさすべし。

さのみに「善き」「悪しき」とは、教ふべからず。あまりに痛く諫いさむれば、童わらんべは気を失ひて、能、物ものくさく成りたちぬれば、やがて能は止まるなり。
©日本文学ガイド

意訳の意訳

1、芸事は、おおよそ7歳で始めるといいよ。
 この頃の能の稽古では、
 子どもが自然にやり出した事の中に、
 その子の長所があるものだよ。 

 舞や所作、歌なんかは、文句を付けたくなるけれど
その子が自然にやってる事を見守って
やりたいようにやらせてみよう。

良いとか、悪いとか言って教えてはダメだよ。
あんまり口うるさく言うと、
子どもは、やる気を失って
能なんか面倒くさくなっちゃって
能を止めちゃうよ。

f:id:Boke-Boke:20190603143902p:plain

 

なんだか結構、甘やかしてる印象を受けます。
でも、一生続ける芸の世界なので
先の先を見据えているんでしょうか?

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

疑問を抱きました

6歳6月6日かあ。
と思ったところで、疑問が沸きました。

歌舞伎一家のご子息

3歳ごろに初舞台

私は、能も歌舞伎も詳しくないのですが
以前、3歳くらいのお子さんが初舞台
なんて話題を聞いたことがあります。

歌舞伎一家のご子息はだいだい3~5歳くらいで
芸名を名乗って舞台に出ているようですね。

f:id:Boke-Boke:20190603144139p:plain

能の世界はどうなんでしょう?

実は、あんまり稽古始めの
6歳6月6日にはこだわらないのかな?

真似して遊ぶ

でも、歌舞伎が身近にあって
【かっこいい~】と感じたら
1歳でも2歳でも
子どもは、真似をして遊び始めますからね。

それを止める術はないですよね。

脳の発達時期

先日書いた記事の中で
3~5歳は、脳の【運動や感覚】の分野が発達するから
運動や音楽を習い始めるのは、その時期がいい。と書きました。

アスリート育てる親の共通点

6歳6月6日は
そこからも外れてしまいますね。
(´・ω・`)

結論・興味を持った時に始める

何かを始める時は
【子ども自身が興味を持った時】が一番ですね。

好きなことを見つける手伝い

親は、子どもが興味を持ちやすいように
目の前に提示してみる。

好きなことを見つける手伝いをするのは
親のミッションだと
杉山芙紗子さんは言ってました。

f:id:Boke-Boke:20190603144742p:plain

興味のある事が見つからなかったら
【6歳の6月6日から始めると上達するらしいよ】
と、その気にさせて、何か始めてみる。

こんな感じでしょうか? 

f:id:Boke-Boke:20190603144633p:plain

子どもの様子を見ながら

でも、この時期って
小学校に入学したばかりで
子どもは環境の変化についていくのに
精一杯だったりするんですよね。

無理させないのも大事です。 

f:id:Boke-Boke:20190424160229p:plain

f:id:Boke-Boke:20190510202449p:plain

おわりに

子どもが
好きなことを見つけて
上達してくれたら嬉しいと思うのは
昔も今も同じ思いなんでしょうね。

以下、6月6日 他の○○の日 

飲み水の日
梅の日
ロールケーキの日
山形さくらんぼの日
補聴器の日
ワイパーの日
吹き戻しの日
かえるの日
兄の日
恐怖の日
などなど、いろいろあります。 

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村