木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。家計や身体のミニマム化を目指したい

光化学スモッグ注意 喉痛い(泣)

先週、喉が痛かったので
風邪をひいたのかと思いましたが

前日に光化学スモッグ注意報が出ていたので
その影響だったかもしれません。

f:id:Boke-Boke:20190608161838p:plain

 

参考にしたサイト

環境省HP
埼玉県環境科学国際センターHP
横浜市HP
Wikipedia

f:id:Boke-Boke:20190608161639p:plain

光化学スモッグ

光化学スモッグとは

光化学スモッグとは、
【光化学オキシダント】の濃度上昇により
空気にかかる【もや】

もしくは【もや】がかかる状況。

f:id:Boke-Boke:20190608162039p:plain

光化学オキシダントとは?

自動車や工場などから出る排気ガスには
【窒素酸化物】【炭化水素】が含まれています。

これらが、紫外線を受けて化学反応を起こすと
強い酸化物質が生成されます。
この物質を総称して
【光化学オキシダント】と呼ぶそうです。

f:id:Boke-Boke:20190608115136p:plain

©環境省HP

スモッグとは?

スモッグ(smog)という言葉は
煙(smoke) と霧(fog) を合わせた合成語です。
イギリス発祥。

【光化学オキシダント】の濃度が高くなると
遠くにある山やビルが霞んで見えづらくなります。
【もや】が掛かった状態ですね。

この【もや】がスモッグです。

光化学スモッグによる健康被害

健康被害の主な症状

★目の症状
目がチカチカする、目が痛い、涙が出る。など

★呼吸器の症状
喉が痛い、咳が出る、息苦しい。など

★重い症状
吐き気、頭痛、手足のしびれ、意識障害など

f:id:Boke-Boke:20190608161945p:plain

殆どは軽傷

症状の殆どは軽傷で一過性です。
重い症状を訴える人は、屋外で運動中の場合が多いですが
同じ状況でも、症状が出ない人もいて
個人差が大きいです。

光化学スモッグの健康被害を防ぐには

光化学スモッグの健康被害は子どもに表れやすいです。
幼児、子ども、病弱な人、持病のある人
特にアレルギー性の結膜炎や喘息を持っている人は要注意です。

光化学スモッッグが発生した時には

(1) 乳幼児、子ども、体調の悪い人は屋内へ
(2) 屋外での過激な運動は避ける
(3) 屋内に入ったら窓を閉める

f:id:Boke-Boke:20190608162327p:plain

光化学スモッグの健康被害にあったら

・症状が重い場合や、持病のある人は医療機関へ。
・屋外での運動は禁止、屋内に避難。
・屋内では窓、カーテンを閉めて休む。
・清潔な水で目を洗ったり、十分なうがいを。

f:id:Boke-Boke:20190608162742p:plain

★軽傷でも、症状が長く続く場合は医療機関へ。
★自治体に被害報告を必要とする場合があります。

光化学スモッグの発生しやすい時

環境基準

問題ないとされている
光化学オキシダントの濃度は
【1時間値が 0.06ppm 以下であること】

光化学スモッグが発生しやすい条件

・4月から10月にかけて
・日差しが強い
・気温が高い
・風が弱い
などの条件が重なった時に
光化学スモッグが発生するおそれがあります。

特に7月8月は注意。
光化学スモッグは冷夏の年は少なく、
猛暑の年は多く発生する傾向があるそうです。

f:id:Boke-Boke:20190422181049p:plain

光化学スモッグ注意報や警報

光化学スモッグ予報の発令

f:id:Boke-Boke:20190523173026p:plain

気象情報をみて、
光化学オキシダント濃度が
注意報の基準程度になると予想された時。

前日、当日、特別予報の3種ある。

光化学スモッグ注意報の発令

f:id:Boke-Boke:20190523173049p:plain

光化学オキシダントの濃度が
【1時間値が 0.12ppm以上】

気象条件から、その状況が継続すると認められる時。

光化学スモッグ警報の発令

f:id:Boke-Boke:20190523173106p:plain

光化学オキシダントの濃度が
【1時間値が 0.24ppm以上】

気象条件から、その状況が継続すると認められる時。

光化学スモッグ重大緊急時警報の発令

f:id:Boke-Boke:20190523173123p:plain

光化学オキシダントの濃度が
【1時間値が 0.4ppm以上】

気象条件から、その状況が継続すると認められる時。

発令や解除は都道府県が行う

光化学スモッグ注意報などの
発令と解除は、都道府県が行います。

県などが市町村、関係各所に連絡をし
それぞれが対策を行います。

私はいつも、市の防災放送と防災メールで
光化学スモッグ注意報の発令と解除を知ります。

光化学スモッグの歴史

光化学スモッグのはじまり

世界で初めて光化学スモッグが発生したのは
1940年のアメリカ・ロサンゼルスと言われています。

日本では1970年に東京で中高生に健康被害が出て
公に注目されるようになったようです。

環境の保護

1960年代には、アメリカのカリフォルニア州で
自動車排ガス規制が始まったそうです。

日本でも1968年には大気汚染防止法が制定され
項目の追加改正をしながら、
大気の環境を守ろうとしています。

f:id:Boke-Boke:20190608163307p:plain

現在も思っていたより発生していた

小学生の頃に
光化学スモッグ注意報を
よく聞いたような気がします。

最近、また注意報を聞くようになったな~。
と思っていたのですが

調べてみましたら
【光化学スモッグは発生してない】
と思っていた期間も
意外と発生していました。

グラフは横浜市のものです。

f:id:Boke-Boke:20190608161226p:plain

©横浜市HP

自己防衛対策を

国や自治体は様々な対策を施していますが
光化学スモッグの発生件数はなかなか減っていません。

健康被害を受けないために
注意報が出たら、自己防衛対策を行ってください。

f:id:Boke-Boke:20190608161639p:plain

おわりに

紫外線はお肌を攻撃するだけじゃないんですね。

夏は怖いですね~。
みなさまも、気を付けてお過ごしください。 

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村