木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

小判ほしい!どこで買えるの? お値段は?

関西電力の役員さんたちが
金品を受け取っていたニュースで

受領した金品の一覧の中に
【小判】がありました。

お菓子箱の底に小判が…という話があって
「時代劇かい!」という
ツッコミを入れた方も多いと思います。

f:id:Boke-Boke:20191008191400p:plain

関西電力金品受領問題

事件の概要

関西電力の経営幹部20人が
福井県高浜町の元助役から
約3億2000万円相当の金品を
長年にわたり受け取っていた問題。

高浜町には高浜原発があり
元助役は既に亡くなっている。

総額 3億1845万円相当

10/3 朝のニュースでメモをした金額です。

2018年までの7年間に
20人の役員が受け取った金品の総額は
約 3億1845万円相当 だそうです。

内訳

f:id:Boke-Boke:20191008193340p:plain

お高いスーツって
1着50万円もするものなんですか?

f:id:Boke-Boke:20191008224118p:plain

小判が気になります

事件のことは、これから解明されて
責任を取るべき人が取って
再発防止の策が練られることを願います。

わたしは何だか
小判が気になるのです。
(´ΦωΦ`)

参考にしたサイト
日本の古銭買取COM
Wikipedia
参考にした本
日本の貨幣コレクション

小判

小判とは、江戸時代に流通した金貨の一種です。
純金ではなく、金銀合金なんですって。

f:id:Boke-Boke:20191008224430p:plain

江戸時代に発行された小判一覧

慶長小判:慶長6年(1601年)頃発行
元禄小判:元禄8年(1695年)9月発行
宝永小判:宝永7年(1710年)4月発行
正徳小判:正徳4年(1714年)5月発行
享保小判:正徳4年(1714年)8月発行
元文小判:元文元年(1736年)5月発行
文政小判:文政2年(1819年)6月発行
天保小判:天保8年(1837年)7月発行
安政小判:安政6年(1859年)5月発行
万延小判:万延元年(1860年)2月発行

江戸時代の前に発行された小判が2種類あり
(駿河墨書小判、武蔵墨書小判)
日本の小判は全部で12種類あるそうです。

小判の大きさ・金含有量

小判の大きさや、金含有量は
小判の種類によって違います。

また、昔のお金は手作りが多いので
多少の誤差もあります。

f:id:Boke-Boke:20191008200417p:plain

大判は贈答用

ちなみに江戸時代には
大判も発行されていました。

こちらは一般流通用ではなくて
恩賞や贈答用のものなんですって。

大判は6種類あって
大きいものは170mm×100mm。
小さいものは134mm×81mm。

f:id:Boke-Boke:20191008224601p:plain

小判の額面

小判の額面は金一両。

金一両って、ものすごい高額で
庶民の生活からは縁遠いものなんだとか。

お米に換算すると

例えば、慶長小判一両であれば
米3~4石を購入できる価値です。

米1石は、10斗。=100升=1000合。
成人男性が、1日3食1年間で消費する
お米の量と同等だそうです。

f:id:Boke-Boke:20191008230929p:plain

普段の買い物は寛永通宝

江戸時代の庶民の通貨といえば
寛永通宝ですね。

銭形平次も投げています。

寛永通宝も時代によって何種類かあり
材料も銅、鉄、真鍮など様々です。
額面も1文の物と4文の物があります。

現在の価値に換算すると
1文20円くらいじゃないか、と
【日本の貨幣コレクション】に
書いてありました。

レートは変動しています

小判の金一両と、寛永通宝のレートは
結構変動しています。

元禄7年(1694年)には
金1両=4800文前後であったものが
元禄13年(1700年)には
1両=3700文前後となったそうです。

小判は普段使いには向かない

江戸時代も長いので
その時々で価値は変わってくるでしょうけど

1文20円として
金1両が3700文~4800文だとすると

小判の金1両は
7万4000円~9万6000円。
普段使いには向かない額面ですね。

街の茶屋でおだんごを食べた時に
小判で支払おうとすると
大量のお釣りが必要になるので
お店の人が困ってしまいますね。
(´・ω・`)

f:id:Boke-Boke:20190614005846p:plain

小判はどこで売ってるの?

小判に興味があります。
どこに行けば買えるんでしょうか?

貴金属店で売ってるのかな?

純金積み立てコツコツ♪で有名な
田中貴金属さんのHPを見てみますと

ウィーン金貨ハーモニーや
メープルリーフ金貨
地金は扱っていますが
小判はないですね~。
(´・ω・`)

f:id:Boke-Boke:20191008225554p:plain

通販専用GINZA TANAKA

更に探すと
田中貴金属グループの
通販専用のお店のHPを発見しました。

GINZA TANAKA という頁で
純金の大判小判を扱っています。

江戸時代の物ではなくて
新しいピカピカの小判ですね。

令和の刻印の小判や
50枚入りの千両箱もあります。

流石に千両箱は高いですね~。
(^v^)

お値段は、日々変わるので
ここに書くのはやめておきます。

興味のある方は
GINZA TANAKA のHPへどうぞ。 

江戸時代の小判は古物商かしら 

江戸時代に流通していた小判が欲しい場合は
古物商のお店で取り扱っているのかな?

自宅の蔵から、小判っぽいものが見つかったら
ネットオークションに出品する前に
専門家に鑑定してもらってね。
と書いてありました。

偽物だと言われた場合も
レプリカと明記して出品できるそうです。

鑑定は何カ所かにお願いすると
安心できるかもしれませんね。

f:id:Boke-Boke:20191008230119p:plain

おわりに

キラキラの小判きれいです。
(*^ω^*)

金のアクセサリーは
興味ないですけど
小判やコインやゴールドバーには
心躍ります♪

夫には笑われております。

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村