木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

黒潮の 流れで発電 【かいりゅう】よ

7/25(木)のWBSを見ました。
©テレビ東京

黒潮の流れを使って発電する
システムを紹介していました。

発電能力に対する発電量

太陽光や風力による発電は、
天候などに左右されやすく
発電量が不安定なんだそうです。

持っている力を生かし切れていないんですね。

f:id:Boke-Boke:20190731112441p:plain

それに対して、今回紹介する
海流発電は、効率よく発電できるようです。

発電能力に対する発電量
太陽光発電 15%
風力発電  20~40%
海流発電  50~70%

NEDO調べ

黒潮の流れを利用して発電

上記の【海流発電】とは
黒潮の流れを利用する発電だそうです。

黒潮

日本の沿岸を流れる海流。
世界的にみても流れが強い。
年間を通じて安定しています。

f:id:Boke-Boke:20190730175122p:plain

海上保安庁のHPからお借りした
黒潮流軸図の一部です。
(加工有)

実証機かいりゅう

重工業メーカー【IHI】が
開発している海流発電システム。

f:id:Boke-Boke:20190731110118p:plain

かいりゅう©IHI

長さ 20m 幅 20m
11m のタービンが2つ。

片側の水車で
最大50キロワット発電できるそうです。

左右合わせると、年間で
一般家庭40軒分相当の発電が出来ます。

深さや傾きを自分で調整

黒潮は海面から深さ50mほどの所を流れます。

【かいりゅう】はセンサーを使って
深さや傾きを検知しながら
自分で適切な位置に沈んで発電します。

2017年の実験で
黒潮を利用した発電に成功しました。

魚の邪魔はしません

発電用のタービンは
1分間に最大15回とゆっくり回ります。

魚がぶつかる心配はありません。

f:id:Boke-Boke:20190731112843p:plain

実用化に向けて

IHIは今秋から1年以上に渡り
実用化に向けた長期実証実験を予定しています。

2030年頃の実用化を目指して
大型化にもチャレンジしたいそうです。

今後の目標は、発電コストを下げること。
実用化には大事なことですね。
(^v^)

実際に設置するまで、いろいろ

実際に、海洋発電システムを設置するとなると
管理をどこにするか国と話し合ったり
漁業権の問題を調整したり
やるべき事はたくさんあるようです。

調整がスムーズに進んで
早く、実際に運用されるといいな
と思いました。

エネルギー構成

スタジオでは、コメンテーターさんが
ドイツと日本を比較して
エネルギー構成について解説してくれました。

資料の元データは
独Fraunhofer、ISE、資源エネルギー庁。
そこから推計して番組がグラフを作成。
独は2018年、日は2018年推計。

下記の円グラフ風の絵は
番組が作成したグラフを
私が見たイメージ図です。

緑:再生可能エネルギー
黄:原子力
赤:石炭
紫:天然ガス
灰:その他

日本は化石燃料の割合が高い

f:id:Boke-Boke:20190730165447p:plain

日本のエネルギー構成(イメージ)

日本のエネルギー構成は、
19.8% 再生可能エネルギー
6.4%  原子力
30.0% 石炭・石油
38.8%  天然ガス
4.2%  その他

日本は、石炭や天然ガスなど
化石燃料への依存度が高いですね。

輸入に頼ってる

石炭、石油、天然ガスなど
たくさん使っていますが
日本は他国からの輸入に頼っています。

輸入の際には、危険が伴う事も
ニュースで聞きますね。

ドイツは再生可能エネルギーの割合が高い

f:id:Boke-Boke:20190730165323p:plain

ドイツのエネルギー構成(イメージ)

ドイツのエネルギー構成は、
40.3% 再生可能エネルギー
13.3% 原子力
38.0% 石炭・石油
7.4%  天然ガス

再生可能エネルギーの割合がとても高いですね。

これは、
北部にある黒海とバルト海に面した
地域に吹く強い風を利用した風力発電と

国土の48%を占める広大な農地で
行うバイオマス発電が盛んだから。
だそうです。

その国の資源を生かす

再生可能エネルギーをうまく活用するには
その国が持っている資源を
どう、うまく生かすか?がポイント。
だそうです。

日本は海に囲まれた国なので
これを活かすのが良いのでは?
という話になっていました。

f:id:Boke-Boke:20190401142104p:plain

エネルギー自給率を高める

コメンテーターさん曰く

これからの日本は
エネルギー自給率を高める事が重要だそうです。

そして、その為に
海をいかに活用していくか。

洋上風力、海洋発電など
研究を続けて行くことが大事だと言ってました。

エネルギー自給率を高める事は
安全保障にも関わる問題、
とも話していました。

番組を見たわたしの感想

国の資源を生かす話

再生可能エネルギーは
それぞれの国の資源を生かす
という話は、とても納得しました。

そういえば
アイスランドでは火山が多いので
地熱発電が盛んですね。

日本は、海の他に
地熱発電も向いてると思います。
あとは水力発電かな。

ソーラーパネルに関しては
それ事態は悪くないけど
山の木を切り倒して設置するのは
CO2削減の観点からすると
本末転倒だと思っています。

パネルを設置する強度も
見直した方が良さそうですね。

f:id:Boke-Boke:20190731113920p:plain

エネルギー自給率を上げる話

石油を輸入するためのタンカーが
海賊に襲われたり、攻撃を受けたり。

関わりのある方の心労は
計り知れないと思います。

今後、石油の輸入をゼロにするのは
難しいかもしれませんが
割合を少なくする努力は必要だと思います。

また万が一、有事の際に
輸入が止まってしまう可能性を考えると

エネルギーも食料も
自給率を上げる事は大事だわ、と
しみじみ思います。

今日の味方が、明日も味方とは
限らないのが怖いです。

f:id:Boke-Boke:20190731114346p:plain

おわりに

とりあえず
海洋発電の実用化が
うまく進むことを期待します。

自給率の話が出てから
なんだか心配が膨らんできて
気持ちが暴走した気がします。

不愉快に感じた記述があったら
申し訳ありません。

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村