木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

私にも 下肢静脈瘤 できるかも

6/25(火)放送の
【猫のひたいほどワイド】を見ました。
©テレビ神奈川

番組の中で【下肢静脈瘤】を取り上げていました。

私の母や妹も患ったので気になりました。

下肢静脈瘤とは

足にある静脈の血液が逆流し
血管が膨らんでしまう病気。

f:id:Boke-Boke:20190625181047p:plain

下肢静脈瘤の原因

本来、血管は一方通行

血管の中は一方通行です。

血液が逆に流れそうになると
血管内の弁がせき止めてくれます。

f:id:Boke-Boke:20190625182522p:plain

弁が弱まると血液が逆流する場合が

弁が弱くなったり、壊れたりすると
血液の逆流が起きることがあります。

その結果、溜まってしまった血液で
血管が膨らんでしまい
皮膚の外から見ても判るくらいに
ボコボコになってしまう事があります。

これが足に出来るのが下肢静脈瘤です。

下肢静脈瘤の症状

血管が膨らむ

下肢の血管が膨らんで
皮膚までボコボコして見えます。

*写真を貼ろうかと思いましたが
見慣れない方にはショッキングな画像かと思われますのでやめておきます。

痛みやダルさ

痛み、ダルさ、浮腫み、痒みなどを誘発。
症状が重くなると、湿疹、潰瘍、色素沈殿などが起こります。

f:id:Boke-Boke:20190430194338p:plain

症状の重さは人それぞれ

痛みの強さは人それぞれで
普段通りに過ごす人もいるし
仕事を辞めてしまう位に辛い人もいます。

症状が辛ければ病院で相談

浮腫みがひどい時は、
表面のボコボコが判りにくい場合があるので
もし症状があって辛い場合は、
病院に相談してほしいそうです。

静脈瘤の専門科か血管外科。
掛り付けの病院で相談するのもいいかもしれません。

下肢静脈瘤になりやすい人

両親に静脈瘤がある人

遺伝的に血管の弁が壊れやすい場合があるので
両親に静脈瘤のある人は注意を。

子どもを産んだ女性

妊娠中は血液が増えるので
血管の弁にかかる負担が増します。

f:id:Boke-Boke:20190625184430p:plain

立ち仕事の人

血液が足の方に溜まりやすいので
足の静脈の弁に負担が掛かりやすいです。

下肢静脈瘤の治療(レーザー手術)

*番組で紹介していた病院の場合

診察

超音波画像で血管の様子を診察。

手術

ファイバースコープで血管内に入り
逆流している血管をレーザーで焼くそうです。

手術自体は片足15分位で処置できるそうです。
(術前・術後の処置を合わせると数時間)
日帰り手術が可能です。

f:id:Boke-Boke:20190625190237p:plain


 

手術以外の治療法

保存療法

軽傷の場合に、症状の進行を遅らせたり
症状の緩和を目的とします。
根本的な治療ではありません。

予防にも

・弾性ストッキングを履く
・ふくらはぎのマッサージ
・毎日歩く習慣をつける
・就寝時は足を高く
・座り仕事の人も、足首を動かす
・立ち仕事の人は足を高くして休む

f:id:Boke-Boke:20190625201725p:plain

硬化療法

静脈瘤の部分に薬を注射して固めてしまう方法。
外来で10分程で処置。
軽傷の場合に有用。

レーザー以外の手術

高位結紮術

足の付け根の静脈を縛って逆流を防ぎます。
今はあまり実施されない手術です。

ストリッピング手術

足の付け根と膝の内側の2か所を切って
静脈に細いワイヤ―を通します。
それをワイヤーごと抜き去る。
レーザーなどの血管内治療に比べると
術後の痛みや出血などのリスクが高い。

高周波治療

レーザーと同じ要領で
血管内で治療する。

スタブ・アバルジョン法

3m以下の小さな傷で、静脈瘤部分を切除。
高周波治療やレーザー治療と
組み合わせて使う事もあります。

実家の母も手術しました 

30代の頃から静脈瘤

私の母は30代の頃から
大きな静脈瘤がありました。

いつもズボンばかり履いていましたが
たまにスカートを履くと
ふくらはぎに大きな静脈瘤が見えて
子ども心に、怖かった記憶があります。

本人は痛くも何ともないって
ケロッとしてたんですけどね。

60歳頃に手術

もう随分前、母が60歳頃だったかな?
下肢静脈瘤の手術を受けました。

日帰り手術で
朝、自分で運転して入院し
帰りは運転できないから迎えに来て
と言われたので
兄と連れ立って行きました。

f:id:Boke-Boke:20190613173838p:plain

ストリッピング手術でした

改めて、母に確認したところ
ストリッピング手術だったそうです。

血管にワイヤーを通して引き抜くやつね。

手術の時は、麻酔が効いてるので
もちろん痛くなかったそうです。

術後は、たまに痛む時もあったけど
今はすっかり快適だそうです。

なぜ手術を受けたの?

ずっと放置していた静脈瘤を
なぜ、手術する事にしたのか?
痛みがひどくなって来たのかな?

これも改めて聞いてみましたら
【タイミングの問題】だと言いました。

公民館で開かれた、静脈瘤の説明会を聞いたら
日帰りで手術が受けられる事と
健康保険が使える事を知り
数日なら仕事を休める、と思った。

あとは
もっと歳を重ねて他の病気を発症したら
静脈瘤の手術は後回しになるであろう事や
自分の気力との兼ね合いを考えて

手術するなら今しかない!
と思って踏み切ったそうです。

f:id:Boke-Boke:20190625211245p:plain

私にも静脈瘤が出来るのかも

私の妹にも静脈瘤があります。
40歳頃に出来たそうです。

自分にも出来るのかも、と
何年も前からビクビクしています。

母と妹の共通点は【子沢山】
それが関係しているのかな?
と思っています。

おわりに

ちょっと痛かったり、
少し不便、という病気は
治療に踏み切るタイミングが難しいですね。

静脈瘤の手術も
症状が軽い段階のうちにすれば
予後がいいらしいので
悩んでいる方がいれば
一度、検討・相談してみてはいかがでしょう?

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村