木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

ホームレス 急増してる 原因は?

9/17(火)のWBSを見ました。
©テレビ東京

アメリカのサンフランシスコ市で
ホームレスが急増しているそうです。

サンフランシスコって
豊かな街のイメージがありますが
どうしてしまったんでしょう?

実は、景気がいい街だからこそ
ホームレスが急増しているんだとか。

家を失ったのは低所得者層だけではないそうです。

サンフランシスコ市

位置・気候

サンフランシスコ市は
アメリカの西海岸に位置するカリフォルニア州。
その北部の都市です。

人口約77万人。
移民に寛容な地域のようです。

冬は暖かく、夏は涼しい
穏やかな気候です。

f:id:Boke-Boke:20190920015044p:plain

豊かな都市のイメージ

州の中ではロサンゼルスと並んで
経済・工業の中心地。

ベイエリアと呼ばれる湾岸地域には
GoogleやFacebookなど
アメリカを代表する大手IT企業が拠点を置く。

観光地としても有名で
国内外からたくさんの人が訪れます。

サンフランシスコのホームレス

たくさんのキャンピングカー

シリコンバレーの中心部にある
大手IT企業の目の前の道には
たくさんのキャンピングカーが停まっています。

名門大学の目の前にも
サンフランシスコ市内中心部にも
キャンピングカーが並んでいます。

ちょっと異様な光景です。

f:id:Boke-Boke:20190920014517p:plain

実は
このキャンピングカーの持ち主は
ホームレスの人々なんだそうです。

でも、並んでいるキャンピングカーは
みんな大きくて立派な感じです。
購入したら高そうです。

キャンピングカーで暮らす人々

お子さんも含めて、家族数人で
キャンピングカーで暮らしている人がいます。

どうしたのか?と問えば
家賃が高すぎて払えないから
車で暮らしているんだそうです。 

サンフランシスコの平均家賃

Zumper社が7月調べたデータによると

今のサンフランシスコの平均家賃は
1ベッドルームの部屋で
月額3720ドル(約40万円)
だそうです。

高っ!

急増するホームレス

高騰する家賃が払えずに
路上に放り出された人が増えたそうです。

2017年 7499人 だったホームレスが
⇒ 2019年 9784人 に増えました。
30%の増加です。

街の通りには簡易テントも
ずらっと設置されていました。

f:id:Boke-Boke:20190920014611p:plain

どうしてこんな事に?

サンフランシスコが
どうしてこんな事になってしまっているのか
番組のコメンテーターの先生が
具体例をあげながら解説してくれました。

大都市で高騰している地価

世界中の大都市では、
地価(住居費)が高騰しているそうです。

ニューヨークやバンクーバーも
同様なんだとか。

大都市には、世界中から
どんどん人が集まってくる為です。

f:id:Boke-Boke:20190920015244p:plain

地価が高騰するとどうなる?

地価が高騰し、住居費が高くなると
何が起きるのでしょう?

低所得者層どころか
中間所得者層も家賃が払えなくなって
住む家を失ってしまいます。

中間所得者層のホームレス

中間所得者層。
日本で例えるならば
年収600~700万円の人だとして

生活費や子どもの教育費もある中
月々20万円の家賃は厳しい。

そういった方々が
ホームレスになってしまうそうです。

移住が容易ではない

サンフランシスコから
家賃の安い場所に引っ越したらいいのでは?
と考えましたが、それも容易ではないようです。

中間所得者層は定職もある。
お子さんのいる人も多い為に
他の地域に移り住むのは簡単ではないそうです。

f:id:Boke-Boke:20190920015821p:plain

アメリカの学校事情

アメリカの場合は、学区がかなり重要で
ある学校に通うには、
その地区に住むことが必須条件だったりするので、
引越してしまったら良い教育が受けられない!
と考えてしまう人も多いんだとか。

日本の私立の小中学校でも
入学試験の募集要項で
通学時間に制限を設けている所がありますね。
(通学が子どもの負担にならないように)

新しいタイプのホームレス

州立大学の先生でさえ
家賃が払えなくて、車で生活している。
なんて話もあるんだとか。

定職についているし
引っ越し出来ない事情もある。

中間所得者層のホームレスというのは
従来のホームレス対策だけでは解決できない
新しいタイプのホームレスと言えるのではないか?

と話していました。

世界的な傾向・でも日本は?

地価の高騰によるホームレスの急増。

今後、世界的にこういう傾向が
続く可能性があるそうです。

でも、日本は例外なんだとか。

f:id:Boke-Boke:20190920021236p:plain

今も、東京や大阪で
中間所得者層がホームレスになるような
家賃の高騰は起きていません。

理由としては2つ
・幸か不幸か人口が減ってきている。
・いわゆる移民の数が少ない。

そんな訳で、大幅な家賃の高騰から
逃れられている。
という話でした。

よかった(´・ω・`)

ホームレス対策

街にホームレスが急増したこの状態、
いろんな問題を引き起こしているため
サンフランシスコ市では
民間団体や市が、ホームレス対策を考えています。

低所得者用アパート

民間の団体が
古いホテルだった建物をアパートに改装。
低所得者用に貸し出しているそうです。

f:id:Boke-Boke:20190920021538p:plain

家賃は、相場よりもグンとお安く
低所得者でも入居できるように
【収入の3割】で入居可能です。
(最低100ドル)

契約は月ごとで、期限はなし。

セールフォースが運営資金を提供

サンフランシスコに本社をおく
【セールスフォース】のベニオフCEOが

この街のホームレス増加に危機感を抱き
この施設の運営資金
600万ドル(約6.3億円)を提供したそうです。

凄い額です。
なかなか出来ることではありません。

ホームレス対策税

サンフランシスコ市は
安い住宅を供給するための
【ホームレス対策税】の導入を決定。

売上高5000万ドル(約53億円)超えの企業に
0.5%を課税することに決めました。

増税反対派が訴訟を…

しかし、増税反対派から訴訟を起こされてしまい
課税の実現は不透明 の状態なんだとか。

f:id:Boke-Boke:20190920021828p:plain

【増税反対派】ですかぁ。
その人達、そもそもサンフランシスコ市に
税金を納めてないのでは? 

おわりに

日本でも
都市開発が進んで地価が高騰した結果
固定資産税が上がって、元々の住民が困惑。
という話は聞いたことがあります。

それでも、
中間所得者層が家賃を払えない程
家賃が高騰した、なんて話は知りません。

自分の住む街が、こんなことになったら?
と想像すると怖いです。
(ありえない田舎ですけどね)

サンフランシスコ市の
【増税反対派】に関連して
思い出したニュースがあるので

ネタ帳を引っ張り出して
そのうち記事にしたいと思います。

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村