木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

肉だけじゃ なくてミルクも 脱牛か?

アメリカで【脱牛乳】の動きが広がっている
という話を聞きました。

近年、大豆などから作った
【代替肉】が広がりを見せていますが
肉だけじゃなく、ミルクも
植物性のものを選ぶ人が増えてきたようです。

参考にした情報
モーニングサテライト©テレビ東京
1/17(金)放送分
【パックンの眼】のコーナー

ブログ・彩食健美

脱・牛乳の動き

牛乳を飲む人が減ってきたため
アメリカ最大手の牛乳メーカーが
昨年11月に破産法の適用を申請したそうです。

それだけ【牛乳離れ】がすすんでいるんですかね?

なぜ牛乳離れが起きている?

牛乳を避けている人たちは
肥満を気にしているようです。

f:id:Boke-Boke:20191216184002p:plain

児童肥満を改善したい

アメリカでは児童肥満の割合が
1970年代から右肩上がりで
現在は約20%の児童が肥満なんだそうです。

児童肥満を改善しようと
摂取カロリーを控えるために
学校給食のメニューや
一般家庭の消費傾向も変わってきて
牛乳の消費量が減ったのでは?
と話していました。

糖質制限の影響?

糖質制限ブームの影響で
シリアルの消費量が減って
それに伴って牛乳の消費量も減った。
という推測もあるそうです。

シリアルに牛乳をかけて食べる人が多かったけど
シリアルを控えるようになったら
牛乳も買わなくなっちゃった。と

牛乳離れと言っても

牛乳離れと言っても
アメリカはまだまだ牛乳大国です。

2018年の牛乳消費量は
日本:398万トン
アメリカ:2222万トン

アメリカの人口が3億ちょいらしいので
ひとり当たり消費量も、まだまだ多いですね。

アメリカのスーパーで売っている牛乳は
日本と違って、1ガロン(約4ℓ)だし
家庭の冷蔵庫を開けると
1ガロン牛乳が2、3本入ってるのが普通なんだそうです。

f:id:Boke-Boke:20200121173321p:plain

牛乳の替わりに何を飲んでいるの?

かつては【健康飲料】として
アメリカで大人気だった牛乳。

では牛乳を避けている人は
替わりに何を飲んでいるのでしょうか?

f:id:Boke-Boke:20200121173410p:plain

今、植物を原料にした
【代替ミルク】の消費量が伸びているそうです。

日本では豆乳が有名ですね。
アメリカでは、他にも
様々な原料が使われてた
代替ミルクが販売されているそうです。

豆乳

豆乳は、日本でもメジャーな
代替ミルクですね。

牛乳と同様にたんぱく質が摂取できますが
カルシウムは多くありません。
カリウムや鉄が多いです。

アーモンドミルク

アーモンドミルクは
日本のスーパーでも見かけますね。

ビタミンEが豊富なので
アンチエイジングの味方になりそうです。
でも他の栄養素はあまりないみたい。

ここ5年で市場が1.7倍に成長。
今後も伸びていくと予測されているそうです。

ココナッツミルク

ココナッツミルクは、カロリーが高いです。
栄養バランスはいいけれど
飲み過ぎ注意!

f:id:Boke-Boke:20200121172823p:plain

ライスミルク

お米から作るミルクもあるんですね。
減量がお米なので、糖質が多いです。

日本では商品を見たことないです。

オーツミルク

シリアルにも使われている
オーツ麦を原料にしたミルク。

ライスミルク程ではないけれど
糖質が多いです。
食物繊維が豊富。

健康的なので人気があり
2017年より5倍の売り上げ。

泡立てるとふんわりフォーミーになるので
カフェラテなどに向いているそうです。

アメリカのスタバでは
オーツミルクを使ったハニーラテを
今月発売したそうです。

f:id:Boke-Boke:20200121173019p:plain

【植物性】へ、意識の変化

【動物性より植物性がいい】とか
【植物性の方が健康にいい】とか
【植物性の方が環境にいい】とか

こういった意識の変化もあって、
アメリカで植物性のミルクが流行っている。
という状況だそうです。

牛乳でアレルギー症状が出てしまう人にとっては
選択肢が広がるのは嬉しいことですね。

栄養素が違っても大丈夫?

わたし【代替】というものは
見た目や味だけでなく
【栄養素が同じ】という認識でいました。

f:id:Boke-Boke:20200121172632p:plain

牛乳はたんぱく質とカルシウムが豊富です。

代替ミルクの栄養素を並べてみた時に
たんぱく質とカルシウムの両方を
満たしている物はありませんでした。

牛乳のように、たんぱく質が摂取できるのは
豆乳だけです。

代替ミルクを選んでいる人は
白い飲料なら何でもいいのかしら?
と疑問に感じました。

アメリカで販売されている
ライスミルクやオーツミルクには
栄養不足を補うために
カルシウムを添加しているようです。

健康や環境にいいってホント? 

動物性の食品よりも植物性の方が
健康にいい、環境にいい、と言われています。

説明を聞くと確かに一理ある。
とは思うのですが

まるっと信じて
動物性食品を排除してしまうのは
まだまだ早計かな?と思っています。

もちろん
植物性の食品や飲料が好きで
美味しく摂取している人を否定はしませんよ。

だから、通常のお肉を食べる人のことを
否定したり、攻撃したりしないでほしいですね。

f:id:Boke-Boke:20190719183702p:plain

広がる代替肉市場

代替肉のことは以前も書きました。
環境問題の話が多い内容です↓

www.boke-pon.com

日本でも広がる代替肉

日本国内でも代替肉を使った
ハンバーグなどを販売しているようです。

伊藤ハム、不二製油グループ
大塚食品、ロッテリアなど。

今度売り場で探してみますかね。

豚の代替肉

また、アメリカの代替肉メーカー
【ビヨンドミート】がアジア向けに作った
豚肉風の代替肉の試食会をニュースで見ました。

レポーターさんの感想ですと
麻婆豆腐や餃子などの挽肉系は
違和感がないそうです。

【とんかつ】と提示されていた料理は
ひと口食べた後に
「これは…メンチカツですね」と言ってました。

美味しいとんかつを
代替肉で作るのは
まだまだ難しそうです。

精進料理もいいんじゃない?

今年はオリンピックが開催されるし
訪日外国人の数も増えるでしょうね。

動物性の食品は食べたくない!
って言う人もたくさん来るんでしょうね。

そういった方々には
精進料理を楽しんでもらうのも
いいのでは?と思っています。

精進料理のこと
調べて記事にしたいな~と思いつつ
纏めきれずに、もう半年くらい放置してます。

f:id:Boke-Boke:20191106225558p:plain

おわりに

ミルクにしても、お肉にしても
動物性の食品を否定する動きが
最近強いような気がしています。

脱プラスチックみたいな感じで
脱・牛(だつうし)?

この状態が続くと、世界中から
牛を育てる農家が減ってしまいます。

f:id:Boke-Boke:20190617225646p:plain

以前も書いたような気がしますが
一度失ってしまうと、再び取り戻すのは
大変困難になります。

今、現在の価値観、正しいと思われていることが
100年200年先も同じだとは限りません。

厳しい状況の分野を
無くさないように保護するのは
国家の務めだと思っています。

声が大きい一部の人の意見を
世論だと思わないように
くれぐれも注意して頂きたいです。

昨日1/21から、世界経済フォーラムも始まりました。
世界中から集まるトップの人たちが
お金儲けだけに走らずに
地球のこと、世界中の人々のことを
大切に考えてくれることを願います。

そして、会議というものは
誰かを責めるものではなくて
問題点をみんなで一緒に考える場で
あってほしいな~と思います。

それではまた(^▽^)/

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村