木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

怖いのは 妖よりも 人かもね

【夏目友人帳】25巻を読みました。

感想を書きますが
ネタバレ満載なので
これから読む予定の方はブラウザバック♪
(^▽^)/

そして夏目友人帳を知らない人には
解り辛いかもしれません。
すみません。

夏目友人帳・25巻

f:id:Boke-Boke:20200616154401p:plain

2020年6月5日(金)に発売されました。
表紙は名取さんと的場さん。

夏目友人帳とは

「妖怪が見える」という
秘密を抱えた孤独な少年・夏目。
強力な妖力を持っていた祖母・レイコの
遺品である「友人帳」を手にして以来、
妖怪たちから追われる羽目に!!
祖母が妖怪たちと交わした「契約」をめぐって、
用心棒・ニャンコ先生とともに
忙しい日々を送ることになった夏目は…!?
あやかし契約奇談!
©白泉社・月刊LaLa

著者は緑川ゆきさんです。

25巻のあらすじ

買い物帰りに別れたきり
帰って来ないニャンコ先生が気掛かりな夏目。
そんな時「面白いものを拾ったんだ」
という田沼が持っていた物は、
なんとニャンコ先生の模様そっくりな陶器のカケラで…?
中級と小物の出会いを描く特別編他1編も収録!
©夏目友人帳25巻・裏表紙より

長編「依代の眠る里」3話と
特別編2話で構成されています。

特装版にはニャンコ先生フィギュア付

25巻は2種類販売されていまして
通常版は450円+税。
特装版は900円+税、です。

特装版にはニャンコ先生フィギュアが付いてます。
赤いダルマ型ニャンコ先生(笑)

f:id:Boke-Boke:20200616154641p:plain

赤ダルマと対になっている
白ダルマの黒ニャンコフィギュアは
月刊LaLa7月号のおまけです。

f:id:Boke-Boke:20200616100350p:plain

以下ネタバレがあるので
ご注意くださいませ。

特別編21

巻頭は16ページの短編。
名もなき小物妖怪の視点で描かれたお話。
夏目と親しい中級妖怪が登場します。

f:id:Boke-Boke:20200616102224p:plain

©劇場版夏目友人帳の公式HP

この2人、夏目を慕っていて
夏目の面倒なお願いも聞いてくれます。
が、相変わらず夏目の扱いは雑(笑)

まあ、そこはやはり
人と妖では理が違うのでしょうね。

 ほっこり優しい気持ちになる話です。

特別編22

巻末に8ページの短編。
外から帰ってきたニャンコ先生の頭に
でっかいリボンが(笑)

何が起きたのか?
わちゃわちゃと推理をすすめる話。

夏目の同級生のお友達、みんないい子。
ニャンコ先生、丸くなったな。
(体型ではなくて性格が)

長編・依代の眠る里

さて本編。
長編の「依代の眠る里」です。
ニャンコ先生のルーツを巡る旅へ。

完結していません。
続きは26巻(2021年初春発売予定)
どうなってしまうのか気になります(>_<)
巻をまたいだ話は初めてかも?

招き猫を依り代にしています

ニャンコ先生の本来の姿は
モフモフで大きくて妖力も強く
頼りになる大妖(右)ですが
普段は猫(左)として暮らしています。

f:id:Boke-Boke:20200616155021p:plain

ニャンコ先生は長い期間
招き猫の中に封印されているうちに
その招き猫の形に
しっくり馴染んでしまったそうです。

そんな訳で
今は招き猫を依り代として
ちょっと不細工な猫として
夏目のそばにいます。

そんじょそこらの招き猫じゃなかった

ニャンコ先生が依り代としている
招き猫ですが

どうやら、そんじょそこらの
招き猫ではなかったようです。

今回登場の【白霞焼】にルーツがあるみたい。

f:id:Boke-Boke:20191008230119p:plain

白霞焼(はっかやき)

白霞焼は、不思議な力が宿りやすく
祓い屋が使う術具にも使われていた。
という焼き物。

今はもう白霞焼の里は寂れていて
窯元は1件だけです。
もう殆ど出回ってない幻の品。

ヤバい人、登場

いろいろあって
白霞焼の里を訪れた夏目は
そこで、何やらヤバい人に会います。

コレクターを名乗り
術具に使えそうな白霞焼を探しに来た人なのですが

夏目が連れているニャンコ先生を見て
「それも欲しいな」と呟きます。

不気味な術具を使って
夏目とニャンコ先生を追い詰めてきます。
怖いよ(>_<)

人を傷つける事さえも是とする
目的のためなら手段を選ばない人って
とても怖いです。

助っ人…信じていいの?

夏目とニャンコ先生がピンチの時に
名取さんと的場さんが助けに来てくれました。
夏目の知人である【祓い屋】さんです。

ただ、名取さんはともかく
的場さんは信用していいのかどうか。

これまでの的場さんのイメージが
まさしく
【目的のためなら手段を選ばない人】
なのですよ。

まあ、能力も権力もある方なので
味方ならば心強いのは確かです。
味方ならば…

そんでもって
夏目は名取さんのことを信用してるけど
信じきれないわたしは心が汚れているのかな?

ピンチだけど突然の癒し

助っ人が来てくれたけど
まだまだピンチの状態は続いています。

緊迫していたんですが
突然、癒される集団が登場しました。

ニャンコ先生と同じような
招き猫がたくさん(*´∀`)
みんな動き回ってます。

それぞれ少しずつ模様が違って
それらの招き猫に喜ぶ的場さんも可愛い♪

猫図録、欲しいです。

夏目にとってのニャンコ先生

今まで夏目が狙われることは多々ありましたが
今回、ニャンコ先生が狙われることで
夏目は大きな恐怖を感じているようです。

夏目にとってニャンコ先生は
妖のことを教えてくれる先生で
妖から護ってくれる用心棒で
何でも話せる理解者で
お互い信頼できる相棒で

きっと自分にとっての
ニャンコ先生の存在の大きさを
改めて感じたんだと思いました。

f:id:Boke-Boke:20200616155431p:plain

更にヤバい物も登場

なんか最後に、更にヤバい物が登場。

昔、白霞焼の里の職人が作った
禁忌の形の陶器だそうです。

出来上がってみたらヤバすぎて
封印してあったようなのですが
出て来ちゃったみたい。
すごく禍々しいです(>_<)

招き猫ちゃんたちが
【ぶっ倒してやる】
と言ってますが、果たしてどうなることやら。

禁忌とされている物を
作ってしまう職人っていうのは
いわゆるマッドサイエンティストと
同じような思考なんですかね?

悪意がある人は怖いな

目的のためなら手段を選ばない人。

恨みを晴らすためなのか
権力を欲しているのか
はたまた、お金のためなのか。

悪意を持った人というものは
妖よりも怖い存在だと感じます。

これは漫画の中だけの話ではないですね。

まあ
怖い、というより畏れ多い域の場合は
人間ごときの私利私欲で
どうにかなるものじゃない、と信じていたいです。

f:id:Boke-Boke:20190704203619p:plain

おわりに

次回、26巻の発売は
2021年の初春頃の予定ですって。

むむむ続きが気になります。
待ち遠しいです。
(´・ω・`)

それではまた(^▽^)/ 

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村