木瓜のぽんより備忘録

アラフィフ主婦の備忘録。旅行・健康・お金など気になる事をメモ。

学びつつ 給与を貰える 大学ね

7/23(火)放送のWBSを見ました。
©テレビ東京

イギリスのダイソン大学を紹介していました。

ダイソン大学

番組で取り上げていたのは
イギリスの家電メーカー
ダイソンです。

吸引力がすごい掃除機で有名ですね。

そのダイソンが、2017年イギリス国内に
【ダイソン大学】を設立したそうです。

f:id:Boke-Boke:20190726170537p:plain

研究開発拠点に併設

ロンドンから車で3時間の
マルムズベリーという所に
ダイソンの研究開発拠点があって
そこに大学も作ったそうです。

何を学ぶの?

数理工学や電子回路学を学んだり
研究開発現場に入って
様々な意見交換をしたり
かなり実践的な授業に見えました。

学術教育はウォ―リック大学の
関連機関が担当し

研究開発現場では
ダイソンの社員が先生役です。

4年間のプログラムを修了すると
学位が取得できるそうです。

f:id:Boke-Boke:20190726170810p:plain

学費ゼロ・給与も支給

気になる授業料は、なんとゼロ。
更に、給与も支給されるんですって。
1年生は年間約250万円支給されるそうです。

実践的な授業に見えたのは
実は仕事だったのかな?

学生寮もあります

1年生のみ入寮可能。
水道光熱費など込みで月約7万円ほど。
備え付けの家電は、当然ダイソン製。

この値段、イギリスではかなり
リーズナブルなんだそうです。

卒業後は?

優秀者は、卒業後に社員になる可能性有。

どちらかというと
研究開発に関わった優秀な学生を
他の会社に就職させるのは
ダイソンにとって危険な気がします。

出願方法

ダイソンの公式HPから出願。
(英語のみ)

2018年の入試倍率は23倍だったそうです。

f:id:Boke-Boke:20190726171023p:plain

・数学、および科学かテクノロジー
を含む3教科以上でAレベル。
なおかつAAB以上の成績が必要。

・イギリス国籍保有者
若しくはEU加盟国の国籍保有者。

*最新情報を確認してね。

どうして大学を作ったの?

ダイソンの創業者、
ジェームズ・ダイソン氏曰く

【アイデアがたくさんあっても技術者・科学者が足りない】

【今後の技術競争に勝ち抜くためには
10年前よりも2~3倍の技術者が必要】

この大学は、
次世代エンジニアの育成構想に基づく
取り組みの一環なんだとか。

ジェームス氏はこの大学に
開校から5年間で1500万ポンド(約27億円)を投資する事で、
エンジニア不足の問題解決を目指しています。

日本でも給与が貰える大学校

日本でも、学びながらお給料を貰えて、
大卒資格(学士)が取得できる学校がありますね。

よく知られているのは、防衛大学でしょうか?

f:id:Boke-Boke:20190726171237p:plain

学費0、給与有、学位取得

身分は学生ではなくて国家公務員。
学費はゼロ円。給与支給。
プログラムを修了すれば学位が取得できます。

防衛省 防衛大学校

防衛省 防衛医科大学校

海上保安庁 海上保安大学校

気象庁 気象大学校

学費0、給与有、学位はなし

国土交通省 航空保安大学校

こちらの学校は2年制だそうです。

プライベートが無さそう

気象大学校は通学も可能ですが
それ以外は全寮制なので
プライベートの確保が難しそうです。 

卒業後の進路

卒業後は、関係省庁での勤務が通常です。

大学に入学するというよりは
国家公務員として就職する、と
考えた方がいいですね。

防衛医科大学の場合は、
卒業後の勤務9年に満たない時期に
自衛隊を離職した場合には
卒業までの経費は返還する事になっています。

f:id:Boke-Boke:20190726171658p:plain

職業選択の自由はありますが
【学費0だから】と
安易な理由で選択するような学校ではありません。

企業内学校

トヨタやマツダなど
企業内学校を設立している企業は
いくつもあるのですが
学位が取得できる所は
見付けられませんでした。

*ご存じの方いらしたらコメントで教えてください。

おわりに

大学の奨学金に関して
給付型の奨学金を充実させる
という話があったような気がしましたが
対策は進んでいるのかしら?

でも、私の意見としては
全部を国家が抱え込む必要はないと思います。

企業にも協力してもらって
ダイソン大学のように
必要な人材は自社で育てる!
っていうのもいんじゃないかな?
と思いました。

f:id:Boke-Boke:20190604173602p:plain

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村